コラム

電車の列に並ばない・割り込む人って何なの?

更新日:

電車

最近電車の列を守らない人が多い!東京とか神奈川とか都心部だけの話かと思ってたけど、仕事で全国を飛び回るようになって意外にそうでないことに気付きました。並んでいる人をよそ眼に列を無視して電車に乗ろうとする人を見ると、「いい大人が何やっちゃってんの?」って不愉快に気持ちになるよね。注意するか、無視するか、吹っ飛ばすかの3択しかない。やや愚痴っぽくなっちゃうけど、抜かされる側の立場としてはどうするのが理想なのか考えます。

スポンサーリンク

列を守れない人は中高年に多い

若い人で電車の列を無視する人はあまり見かけないね。圧倒的に多いのは、中高年!中高年の中でもおばちゃんやおばあちゃんが列を無視するケースやおっさんやおじいちゃんが守らないケースもあるけど、男女比の偏りはないというのが僕の印象です。

電車は無限に本数があるわけではないし、疲れた中で限られた数の座席に座りたいのはみんな一緒だよね。老人も中年も若者も関係ないよね。勿論、実際に電車に乗車した後は、老人が立っていたら若者は寝たふりをしないで席を譲ろうとするべきだと思うけど。みんなそれができないから優先席なんてものがあるんだろうけどね・・・

小学生くらいの子供が列を無視しちゃうのはのはまだ分かる。というか、子供だから許せる部分はあるよね。でも、いい歳の大人がやっていると本当に腹が立つ!大人は若い人たちを導くような存在であってほしいのに!電車の列にも並べない大人を見てると、子供より子供っぽい精神状態の大人を見ているようで悲しくなるね。

小学生から、「おじちゃん列に並んでよ!」って言われたら、彼らは何て言うのかな?

ルールを無視して後ろめたい気持ちにならないのか?

いかなる理由があったって、周りの人がきちんと列を作ってるのに、後からきた人が横入りするのは間違ってるよね。周りからもそうやって思われるとわかってるはずなのに、電車のルールを無視する人は何で横入りできてしまうんだろ?

これは直観だけど、電車の列に並ばない人は、僕らが見たその時だけ横入りしているわけではなくて、自分が座れない可能性があるときは毎回列を無視している類の人間だろうね。彼らは頭の中で特に深く考えることはないと思う。ルールを無視する習慣ができているから、ちゃんと列を作ってる大多数の人に対して「気まずい」とか「申し訳ない」とか何かしらの感情を抱くことはないんでしょ。

もしかしたら最初は彼らにも後ろめたい感情があったのかもしれないね。でもそれが、ルールを無視する回数を重ねるにつれて正常な感覚が失われていったってことでしょう。自己中心的な考えを極めた姿だよね。

よく聞く犯罪者の発想と似ていると思うのは僕だけじゃないと思う。

注意するか、無視するか、吹っ飛ばすか

ちゃんと列に並んでいる人は、自分ルールに基づいて行動する自己中心的な人を見ると頭にくるよね。普通の感覚だと思う。実際に自分が割り込みをされた現場に遭遇したとき、僕らはどのように振舞うのが正解なのかな?

大抵の人は無視してるけど、結論それが最も適切な対処法になるね。正直言うと、僕は傍若無人な態度をとる彼らを無視したこともあるし、注意したこともあるし、吹っ飛ばしたこともあるよ。僕の場合はそれで何もトラブルにはならず、事なきを得たけど、後々考えるとそうならないときもあるのではないかと感じるね。

さっき、平気で列を無視できる人が犯罪者の発想と似てると言ったよね。こちら側がいらっとした時、相手を注意することでスッキリするかもしれないけど、感覚が普通の人とはかなりずれた人を相手にするのは少々リスキーだよね。

注意して「すいませんでした」で終わればいいけど、口論になったり、殴りかかられたりトラブルに発展する可能性も大だよね。吹っ飛ばすのは言わずもがな。電車の列を守らない人がどんなに憎くても、相手に怪我をさせたらこっちが悪者になっちゃうからね。

自分を守るため、特に行動を起こさないことがベストな選択肢だね!

自分もルールを無視してないか?

今回は電車の割り込みの話をしたけど、日常生活の様々な場面で似たようなケースがあるよね。

電車の中だけ見ても、マナーには「列に並ぶ」以外にも沢山の項目がある。携帯電話、化粧、優先席、イヤホンの音漏れ、ハイヒール、カバン等々。キーワードを挙げ出したらきりがないね。

何を迷惑に感じるかは人によって基準が結構異なるものです。

忙しいビジネスマンからしたら、電車の中で携帯電話で通話することや、横断歩道で多少赤信号を無視してしまうくらい勘弁してくださいとなるかもしれない。一方で、それが許せない人たちも確実に存在するよね。

電車の列で割り込みをする人について色々書いてきたけど、翻って自分の行動を考えた時、気付かないだけで人に不快感を与えている場面が意外に沢山あるよね。全部を完璧にこなすのは難しいとは思うけど、電車の事例を反面教師に自分自身のマナーについて考えてみるのも大切かなってのが結論!

-コラム

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.