コミュニケーション

目を見て話すことが超効果的なワケとは?

更新日:

猫の瞳

目は大切なコミュニケーションのツールです。言葉とか動作と同じで、話し相手に自分の感情とか考えを伝える手段になるから、使うのと使わないのではコミュニケーションの質に大きな違い出るよね。この記事では、普段あまり人の目を見て話すことがない人に向けて、目を見て話すことが何で効果的なのかを話すよ!

スポンサーリンク

目は重要なコミュニケーション手段

僕たちが他人とコミュニケーションを取るとき、相手に対して言葉遣いとか表情を適切に使うからこそ、思っている事とか考えていることが正確に伝わるよね。目も顔の一部だから、目の動きが話し相手に何かの意思表示をするコミュニケーションツールになるってこと!

目を逸らすことはそれ自体が一つの意思表示の手段にはなるんだけど、いつも目を逸らしてたら会話相手との「目によるコミュニケーション」が取れなくなっちゃう。だから、人と話す時や、話そうとする時は基本的には目を見た状態であることがベストだよね。

みんな小さい時から親に「人と話すときは目を見て話しなさい」と教わってるね。だから、大人になっても無意識に人の目を見て会話をする人が多くなるんだ。

目を見て話す人が大半だから、話し相手こっちの目を見ながら会話をする。なんで、自分が目を大きくしたり細めたりして効果的な使い方をすると、相手は自分の意思表示を適切に受け取ってくれるわけ。

他方で、こっちとしても相手の目をよく観察しながら会話をすると、相手がどんなこと考えているのか、どんな感情を持っているのかを探ることができるようになるわけですよ。

こんな風に、目それ自体が一つの重要なコミュニケーションツールって認識しておくことが重要です。

スポンサーリンク

目を見て話す効果

自分を見つめる女性

相手の目をよく見て話すことで、日常生活でどんなメリットがあるんだろ?ここでは、ビジネス、恋愛、職場の各シーンで「目によるコミュニケーション」が役立つワケを話すね!

ビジネス

自分の会社の商品や商材を営業するとき、別の会社の人と打ち合わせをするとき、みんな目を見て話すんだ。逆に、相手の目を見て話さない(話せない)のはマナー違反になるね。

営業される側は、敢えてこっちの目を見ないようにして、興味のない商談を終わらせようとしたりする事もあるけど、ビジネスを売り込む側の人間はそうであってはならないっす。

普段から相手の目をよく観察しながら話をする癖をつけてると、例えば自分が相手に「デリケートな質問」をぶつけた時なんかに効果を発揮するよ。

ビジネスは競争だから、自分が営業している会社には他の会社も営業に来ていることが多いよね。営業としては、他社がどんな営業や提案をしているかをお客さんに直接聞きたいのは当然だよね?それが聞けたら、自分の会社としてどういう攻め方をしたら良いか、作戦を立てられるからね。

「他社さんのレートって○○%くらいですかね?」こういう質問をしても、そのまま正直に答えてくれちゃうケースと答えてくれないケースがあるんだ。前者の時は問題ないけど、後者の時は自分の会社として欲しい情報が取れなくなっちゃうよね。

そんな時、相手の目をよく見ながら同じ質問をすると、仮に答えてくれなくても「目が答えを物語っている」ときがあるんだ。少なくとも、ドンピシャだったり、全然的外れかくらいは、よーーーく観察しているとわかっちゃうんですよ!

言葉からの情報で結論がはっきりしないときに、目をよく観察していると重宝する事例でした!

恋愛

男性の場合、目を見て話せない人は女性から「恥ずかしがり屋」とか「頼りない」とかのマイナスのイメージを持たれてしまうことが多いよね。勿論そういう男性が好みの女性もいるんだけど、大多数は前者だよね。

女性の場合、しっかりと目を見て話すことで、相手の男性からより好印象を持たれやすいってのはあるね。世の中の男性としては、じっと見つめられながら話しをされると、グッと来るものがあるんですよ。女の子の瞳の力には凄い威力がある。女性本人はあまり気付かないかもしんないけど、男子である僕からすると良く分かるんだね、これが。

あと、ここ一番の告白の時は必ず目を見て自分の気持ちを伝えるようにしたいよね。もう両思いなことが分かっている状態で告白するなら、よっぽどでない限り、別にどんな告白の仕方をしたところで失敗することないだろうけど、勝負に出るときに「目の力」は重要ですよ!

雰囲気のある場所で、選び抜いた言葉と熱い眼差しで気持ちを相手に伝えたら、駄目だったものがOKになることもあるからね絶対!真剣な気持ちを相手に伝える時は、「目が訴える力」を有効に使った方が良いですよきっと。

気持ちを伝えるのは緊張することだから、身体は相手の方は向いているのだけれど、肝心な視線は相手の目に合わせられない人は多いんじゃないかな。一番肝心な時にそうならないように、普段から相手の目を見て話す訓練を積んでおいたほうが絶対良いね。

職場

例えば上司とコミュニケーションするとき、自分が目を見てないと、上司はこっちに対してどんな印象を持ちますかね?

「自分が話していることに興味がないのか?」「話に納得がいかないのか?」「コイツは人の話を聞く気がないのか?」といった感じなんじゃないかな。そんな風に思われても自分が損するだけだから、特に目上の人と話すときは必ずしっかり目を見て相手の話を聞くようにしたいね。

言い返したいこと、反論したいことがある場合も上司の目をしっかりと見て話すようにした方が良いよね。目を見ていないと、どうでも良いところで躓いちゃうから意見を言う前に躓いても何も良いことは無いよ。

自分が上司の時も同じ。部下の目を見ないで指導したって、部下から「この人、自信ないのかな?」と思われてしまいますよ。相手に何かを伝えるときは、しっかりと目を見据えて話しましょ。自分の指示に対する部下の反応をよく見るって意味でも大切なことなんだな。

スポンサーリンク

おわりに

黄色い花

「目を見て話す」ことが対面のコミュニケーションでどんだけ重要かを話しました。仕事でも、恋愛でも、普段から目を見ることを意識して会話するようにして、より上級の目遣いのテクニックを得られるようになりたいもんだね。

いつも話し相手の目を見て話せない人は、できる人と比べると損をしていることが多いよ。人生の長い間、目を見ないで話す癖がついている人がすぐ改善するのは難しい部分があるんだろうけど、世の中多くの人は目を見ながら会話をするからね。先ずは目も重要なコミュニケーションツールってことを認識しときましょ!

-コミュニケーション

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.