仕事

20代が転職で後悔する前に知っておくべきポイント

投稿日:

ネクタイを占める若い男性

この記事では、20代の転職で後悔しないために押さえておきたいポイントについて書きます。20代で転職を決意する人の多くは、まだ転職を経験したことがない人が多いでしょう。職業の決断は自分の人生にとって一大イベントなので、思い切って決断をした方が良いときもありますが、焦りすぎが仇となって後悔して道を見失う人が沢山いるのも事実です。皆さんのご参考になれば幸いです。

【転職】今の会社に見切りをつけるタイミングはいつ!?

今の会社に見切るをつけるべき状況とタイミングについて話すよ。入社した会社と考え方が合わない、どうしても方向性が合わない人はいるよね。 僕の勤める会社も離職率が高くて、向き不向きが大きく分かれる職場。人それぞれ仕事に対する価値観は違うから、企業としても経営の方向性と従業員のライフスタイルをマッチさせることは容易じゃないんだよね。 転職すべきか迷っている人の参考になればと思って書きます。 ページコンテ ...

続きを見る

スポンサーリンク

新しい職場に求めていることを明確にする

軸を持って新しい就職先を探しているつもりでいても、いざ転職活動を開始して、自分の知らない人や価値観に触れることで、気づかないうちに軸がぶれてしまうことが往々にしてあります。色々な物の見方に触れて、刺激を受けることは良いことだとも思いますが、大切なところがぶれては本末転倒になってしまうこともあります。

給料重視なのか、有給が取りやすい環境が良いのか、好きなことやれる環境に進みたいのか等々、人それぞれ自分の人生観によって進みたい方向性がある筈なので、一番大事なところを妥協しないようにしましょう。ここを妥協してしまうと、転職で一番得たかったものを得られていないことになるので、些細なことでまた職場を嫌いになってしまう可能性が高まります。

スポンサーリンク

労働環境を良く調査してから入る

僕は今、人様の目から見るとブラック企業と言われても全く不思議じゃない環境で働いていますし、自分でもブラックといえばブラックな職場だと日々感じていますが、転職時の僕の軸は「若いうちにビジネスマンとしての実力をつける」というもので、今の環境はその目的の達成には凄く役立っています。

一方で、年齢に関係なくスピード感や仕事のセンス、長時間労働が求められる環境に嫌気がさして職場を去っていく方々も後を経ちません。これは人材を採用する方の誤りでもあると同時に、転職者の誤りでもあります。

特に辞める理由で多いのが、労働時間ですかね。大手企業は社会の目が厳しく、こぞってワークライフバランスを謳っていますが、中小・ベンチャーはまだまだそんなの関係なしといった風潮があります。人材の獲得がかなり厳しい昨今、面接の時はうまいことを言って、いざ働かせ始めたら手のひらを返して長時間労働なっていうのはザラにあります。

幸い、今はネットを駆使すれば、これから面接を受ける会社の凡その労働環境は知ることができます。ほとんどの人が本当の事を書いているので、信用してよくチェックするべきだと思います。

給料は妥協しない

中途採用者の給料は、転職した時点の給料がベースになります。ほとんどが成果報酬型のインセンティブ型の会社の場合、基本給の低さはそれほど問題にならないかもしれませんが、滅多にインセンティブがつかない企業の場合、給料面では雇われた時の給料が全てといっても過言でないと思います。

新しい企業に入りたいからという理由で、本当の自分の希望年収を妥協してしまうと、後から入社してきたもっと若くて自分よりも仕事もできないし、役職も低い人よりも給料が低くなってしまうなんていう残酷な事態も起こりかねません。

以上の理由から、入りたい企業にとにかく入ることよりも、入りたい企業に希望の年収で入ることを考えましょう。勿論、お給料関係なく、好きなことをやりたいという人には関係のない話ですが。

スポンサーリンク

転職する会社が「誰の会社」なのか認識する

これから自分が入ろうとする会社の所有者はよく確認するようにしましょう。公開企業であれば決算情報がネットで見れるので、株主を確認すれば大体わかります。

非公開の企業の多くは、オーナーが(ないしはオーナー一族)が経営する会社です。オーナーの物の考え方によって会社の雰囲気はかなり左右されるので、オーナーに関する情報は可能な限り調査してから転職を決意しましょう。

いくら面接官が自分と相性の良い人手も、面接官が会社のカラーではありません。自分の目指す方向と、会社の所有者(実質的な支配者)のベクトルがマッチしてるかどうかが重要です。

失敗
オーナー企業に転職して失敗する人の特徴

前回書いたオーナー企業に転職する際に注意したいポイントの絡みでオーナー企業への転職失敗する人の特徴を働く人目線で深堀するね。 僕も現在進行形でオーナー社長が舵をとるコンサルティング会社で働いてるけど、合わない、もしくは着いていけなくて離職する人はかなりいるね。 実際にオーナー企業への転職を検討している人は参考の参考になれば嬉しいです! ページコンテンツ労働環境を理解しないで入社経営者を好きになれな ...

続きを見る

人生プランをイメージして新しい職場を選ぶ

可能な限り、1年後・3年後・5年後・10年後と、自分のあるべき理想像を認識して、その会社で働けば理想の人生プランの達成に近づけるかを考えましょう。

5年後、10年後に転職した会社にいるとは限りませんから、中長期スパンで見たときに、今新しい会社に転職したときに、例えば5年後の自分の「あるべき姿」にとって、現在在籍している会社よりも、これから転職しようとしている会社の方が明らかにあなたにとってメリットがあると感じれれば良いと思います。

よくわからないけど、新しい会社は良さそうという漠然としたイメージではなく、こんな業務に携われるから、自分の将来にとってこんなメリットがあると、具体的に考えるのが良いでしょう。

さいごに

転職の成功不成功を占うのは、なんといっても新しい会社が自分の人生観、決意した時点のニーズにマッチしているかどうかです。お給料、ワークライフバランス、実力をつけるための修行、色々な価値観があると思いますが、あなたの望むものは、結局のところ自分に正直になることでしか分かりません。

人の意見に耳を貸すことは大変に重要なことでしょうが、最後は自分がどう判断するかが今後の仕事の命運をわける上で一番大切でしょう。20代は社会人としてスタートしたてのとても重要な時期だけに、皆さんの転職活動が良い方向に向かうために良い決断をしましょう。

-仕事

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.