身体・健康

糖質制限したらすこぶる体調が良くなった事とその理由、やり方

投稿日:

アスパラとトマトと豚肉が盛られた皿

糖質制限て何となく厳しいイメージがある。ご飯も麺も食べられないし、常にお腹ペコペコの状態で過ごさなきゃいけなくて日常生活でエネルギーが出ない…僕も最初はこんな印象を持っていましたが、全然違いました。どんどん体型がシャープになっていく上に、お腹も減らない、眠くなくなる、身体が軽くなる等、副次的な体質改善効果が凄かった!辛くない糖質制限のやり方として参考にしていただけたら幸いです。

関連記事:

『医者が教える食事術』の写真
『医者が教える食事術 最強の教科書』に学ぶ正しいダイエット法。これなら誰でも痩せられる!

牧田善二という糖尿病専門医が書いた『医者が教える食事術』って本をご存じですか?食を通じた健康、ダイエットに関する内容が素晴らしかったので内容を紹介したいと思います。本に書いてある内容を実践すれば正直誰でも痩せられると思いました。人間が太るプロセスがしっかり書いてあって、痩せる仕組みをちゃんと理解した上でダイエットしたい人にはかなりオススメの本だよ! 休日はしっかり運動の時間が取れる人はこちらも参考 ...

続きを見る

こんなに体調が良くなった

先ずは僕の経験している糖質制限による体質改善の具体的な効果について話します。びっくりするくらい身体の調子が良くなって、楽になりました。常にヘトヘト状態なんてことは全くありませんよ。

身体が軽くなる

炭水化物を取らないとエネルギーが足りなくて力が出ない、なんてことは全くありませんでした。寧ろ今まで「糖質の摂り過ぎで身体が重かったのか」って気付かされるほど、身体が軽くて軽快に動けるようになりました。

激しい運動を日常的にする人は確かにエネルギー不足で動きが鈍るかもしれないけど、普通に生活してる分には全く問題ないし、糖質制限してるときのほうが快適に過ごせます。僕は仕事でほぼ毎日深夜まで働いてますが、お腹が減ってきたらナッツを食べるようにしてます。

スポンサーリンク

眠くなくなる

食後に眠くなる理由を知ってますか?お昼ご飯を食べたあと眠くなるのは、昼食で摂取した過剰な糖質で血糖値が急激に上昇し、それを抑えるために大量のインスリンが分泌されて、今度は逆に血糖値が急激に落ちるからです。過剰な糖質摂取によって血糖値がジェットコースターみたいに上がったり下がったりする。

低血糖状態になると、人間は本能的に飢餓に備えるため、身体の機能を省エネ状態にするんですね。これが眠くなる原因です。要は昼食後に眠くなる人は糖質を取りすぎってことだよ。

僕は現在お昼ご飯でも一切主食を食べません。それでも満足できる食事法を実践してるので、特にストレスも溜まりません。定食屋に入って「ご飯いりません」っていうのは、それはそれで結構恥ずかしいんだけどね(笑)

冷え性が治った

これは自分としても謎なんだけど、明らかに糖質制限を開始してから冷え性が改善しました。何で良くなったのか、メカニズムはよくわかりません。自分の予想だと、血糖値を良い水準で安定させているから極端に身体が冷えることがなくなったのでは?と思っています。

肌が綺麗になった

若いときに比べて顔や手の甲とかがやや黒ずんできたというか、血色が悪いのが続いてました。お酒は結構飲むし、煙草も吸うのでそれが原因かと思ってたんだけど、糖質制限を始めてからは肌が透き通るというか、白くなってきた。これは驚くべき変化でした。

糖質をエネルギーに変えるのって肝臓だってこと知ってました?自分の場合、てっきりお酒で肝臓が疲れてて、なおかつ煙草で血行が悪くなって血色が悪くなってたのかと思ってたけど、どうやら炭水化物の過剰接収で肝臓が疲れ切ってるのが原因だったみたい。

思えば、社会人になって初めて独り暮らしを始めてからラーメン、ラーメン…と炭水化物ばっかりとってて、明らかに糖質中毒になってたね。とにかく、かなり意外な変化でしたが、肌が綺麗になってきたというのは事実なんです。

スポンサーリンク

どんどん痩せていく

人が太るメカニズムを知ると当たり前なんだけど、みるみるうちに痩せてきます。一日に摂取してるカロリーは前と変わりません。むしろ増えてるくらいかもしれない。明らかに脂質やたんぱく質を摂る量は増えました。でも痩せる。不思議なんだけど、カロリーと肥満はあまり関係ないということを実感してます。

僕の場合の糖質制限のやり方

糖質制限は正しいやり方をすれば辛くないもの。ご飯や麺を食べないというと過酷な食事制限をしなきゃいけないし、炭水化物が食べたくなって苦しいっていうイメージがあるかもしれないけど、全然そんなことはないよ。分かりやすく、何を食べちゃダメで、何を食べたら良いかを話します。

控えている食べ物(飲み物)

勿論控えるのは糖質。特に注意したいのは清涼飲料水ですね。甘い缶コーヒーでスッキリなんてのは利潤を追求する企業がでっちあげたキャッチコピーなんで、騙されないでくださいね。

主食(ご飯、麺、パン等)

糖質制限やってるんで当り前ですが…主食類は一切食べてません。慣れてくると別に食べたいとも思わないようになります。糖質は主食以外の食べ物にも一定割合入ってるものだし、そこで摂ったエネルギーで普通に生活する分には十分快適に生活できます。沢山炭水化物を食べないとパワーが出ないと感じるのは、糖質中毒にかかってるからです。

お菓子

お菓子も糖質が大量に入ってるので一切食べていません。小腹が空いたときはナッツ類を食べるようにすれば糖質を摂ることなく空腹感は満たされます。特にスナック菓子は糖質も塩分も人工調味料もふんだんに使われてる最悪の食べ物です。可能な限り控えるようにしましょう。

果物

今、世の中に出回ってる果物は人間が意図して甘くなるように作ってるものばかりです。その方が美味しくて人気が出るからね。でも、こうして作られた果物には大量の糖質が含まれてる。フルーツは健康にいいってイメージがあるかもしれないけれど、それはイメージに過ぎないのでご注意を。

甘い飲み物

人間の消化システムが出来上がったころに、砂糖はありませんでした。ましてや、砂糖が水に溶けた飲み物なんてなかった。甘い飲み物を飲むと血糖値が一気に上昇して、一気に低下します。これが一番健康にもダイエットにも良くないというのはさっき言った通り。液体で吸収されやすい分、血糖値も急上昇して大変身体には良くないんです。果汁100%ジュースや野菜ジュースも同じことです。

スポンサーリンク

人工甘味料を使った飲み物

ある研究によると、人工甘味料を取ると血糖値が上がりやすい体質になるようです。色々説があるので結論は出てませんが、僕は飲まないようにしてます。砂糖ですら人間の消化プロセスの前提にない危険なものなのに、さらに高度に人工的なものは怪しくて…というだけですが。

積極的に食べているもの(飲み物)

オリーブオイル、白ワイン、ナッツがとても重宝しています。理由は以下の通りですよ。

オリーブオイル

オリーブオイルは油なので当然カロリーは高いですが、カロリーは太ることとあまり関係ない。血糖値の上昇を抑える働きをしてるので、料理で沢山使って問題ない。ただし、エクストラバージンで買ってから時間の経ってないものを使うのが大事です。

白ワイン

白ワインは痩せる飲み物だそうです。なんと血糖値を50も落とす効果があるそうな。夕食と一緒に食べる習慣をつければ太らない体質、糖質中毒から抜け出すための良い習慣になります。ただし、甘い白ワインはNG。

ナッツ

小腹が空いたときはナッツを食べるようにしてます。本当は塩分も無添加のものがいいそうだけど、僕の場合は塩味が好きなのでここはまだ努力しなきゃいけません。コンビニで売ってるカシューナッツとかアーモンドのカロリーを見ると600㎉とかあって「本当に太らないの?」って思ってしまうかもしれませんが、太らないので安心してください。僕は毎日必ずナッツを食べてます。これをおやつ代わりに食べると、昼食や夕食でドカ食いしなくなりますよ。

外食するとき

一番困るのがここですよね。僕は仕事で出払っていることが多いので、外食する機会が多いです。麺やご飯、ジャガイモ等を食べなければいいだけですが、それが中々難しい。特にランチがね。僕がよく利用するのは「とんかつ屋」と「すき家」ですかね。

とんかつ屋ではご飯が必ず付いてきますが、一切食べません。キャベツと味噌汁とお肉だけ食べる感じ。とんかつの衣があるじゃないかって思うかもしれないけど、ご飯を食べることと比べれば大して血糖値は上昇しません。和幸とかはキャベツやみそ汁のお変わりが自由なんで、重宝しますね。

すき家には「牛丼ライト」がある。牛丼のコメが豆腐とサラダに代わってるやつです。お肉大盛りってのができるので、それで大満足、かつ血糖値も上がらないんで、満足感はありつつ太らない食事ができる。

体調が良くなった理由

『医者が教える食事術』の受け売りになってしまうけど、体調が良くなったのは明らかに「肝機能の改善」と「血糖値の安定」です。以下解説しますね。

肝機能の改善

糖質を分解してエネルギーに変えるのは肝臓です。だから、例えばラーメン屋で大盛りとか食べると、実は肝臓に物凄い負担がかかってます。これは本を読むまで全然知りませんでした。糖質が肝臓の負担になるなんて意外ですよね。

肝臓が疲れると様々な健康障害が出るのはみんな良く知ってるよね。お酒で肝臓が悪くなるってイメージが付きまとってるけど、実際糖質が大ダメージを与えてるんです。だから、糖分の過剰摂取をやめると調子が良くなるんです。

さっき話した身体が軽くなるとか、肌が綺麗になるってのはまさにこの効果なんでしょう。

血糖値の安定

血糖値が下がり過ぎると脳が危険信号と捉えて身体の機能を抑えます。これはまだ食物が十分になかった時代につくられた人間の生存本能ですが、要は食後に眠く、だるくなるってのはこのせいです。

で、血糖値が下がり過ぎる原因は、血糖値が急激に上昇したときにインスリンが過剰に分泌されるからだったね。だから、食事をとっても血糖値があまり上昇しないような食生活を心がければ、インスリンの過剰分泌は防げるわけです。

僕は実際仕事中に眠くなることが激減したし、朝もスッキリ起きられるようになった。また、冷え性が改善されて寒さに強くなった。これは、低血糖状態になってないからでしょう。とにかく炭水化物のドカ食いは良くないんです。

さいごに

身体のメカニズムを知ったうえで糖質制限するのとそうでないのとでは、楽しさも持続力の上でも断然に違います。日常生活でほとんど米や麺を口にしないにも関わらず、前よりも明らかに健全な日々を送れている自分に正直驚いてます(笑)

どんどん痩せていって見た目も良くなって、朝もスッキリ目覚める。仕事中も眠くないし、身体も軽快。最高ですね!騙されたと思って一度上に書いたような食習慣を実践してみることをオススメします。すぐ慣れて快適になるし、食にがっつく習性もなくなるんで、色々楽になりますよ。

-身体・健康

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.