仕事

転職で失敗する人の特徴。あなたの決断は間違っていない??

投稿日:

資料にこぼれたコーヒーと置き去りにされた眼鏡昔に比べて日本もだいぶ転職が当たり前の環境になってきました。その一方で、転職に失敗して人生の大事な局面で損する経験を味わう人が増えているのも事実でしょう。転職で失敗する人の典型的な特徴について話します。誤った決断をして転職をしてからでは手遅れなこともあるので、是非参考にしていただければと思います。

【転職】今の会社に見切りをつけるタイミングはいつ!?

今の会社に見切るをつけるべき状況とタイミングについて話すよ。入社した会社と考え方が合わない、どうしても方向性が合わない人はいるよね。 僕の勤める会社も離職率が高くて、向き不向きが大きく分かれる職場。人それぞれ仕事に対する価値観は違うから、企業としても経営の方向性と従業員のライフスタイルをマッチさせることは容易じゃないんだよね。 転職すべきか迷っている人の参考になればと思って書きます。 ページコンテ ...

続きを見る

スポンサーリンク

手段が目的になったとき転職は失敗する

思い切って決意した転職が失敗するとき。それは、手段が目的と化したときです。転職というのは本来、今よりもっと自分にとって良い環境で働くためにするものであるはず。あなたにとって何が良い環境なのかを正確に理解しないまま転職したら、それは失敗に終わることも沢山あります。

自分にとってより良い仕事環境とは何なのか?中々結論は出ないものかもしれませんが、それを突き詰めて考えることが一番大切で、いわゆる自己分析をして最終的に導き出すべき答えです。

今の環境が嫌だから、何となく自分には合わないと感じるから。漠然とした理由付けで転職を決意することは、人生をより悪い方向に向けてしまう引き金になってしまうかもしれません。

転職という、本来自分がより良き姿になるべき手段が、今の環境から遠ざかるための目的となってしまったら、それは本末顛倒なのじゃないでしょうか。

よくある失敗のケース

よくある転職で失敗するケースについてまとめてみました。思い切りは大切な事ですが、中途半端な思い切りが不幸を招くこともよくあるのが現実です。自分自身とこれから働こうとしてる会社のことをよく知った上で結論を出しても遅くはないことが大半です。

低い給料のまま転職して、次の職場でも昇給しない

よくあるのは、年功序列で昇給していく会社に入ってから、経験もそこまで積んでいない、社会人としての実力もあまりついていない状態で、今の会社のネームバリューを前面に出して、実力主義の会社に入社して失敗するケース。

今の会社でこのまま働いていたら、人生棒に振りそう。そんな考えは現状の環境に満足できない人の誰の頭にもよぎることですが、消去法で転職を決断してしまうのは、やや早急ではないでしょうか。

転職して新しい会社でスタートしたら、それこそ一からのスタートです。さらに、実力主義の会社では実力(実績)を出して初めて認めてもらえて、お給料も跳ね上がっていきます。逆に言えば、実力を発揮できなければ昇格・昇給は難しいし、下手をすると首を切られてしまうことだってあります。

そうなると、転職貧乏になっていつまでたっても良い待遇を得られなくなってしまいます。ですが、年功序列の会社でもう少し耐えていれば、昇格して給料が上がった状態でゆとりを持って転職活動に臨める可能性もあります。難しいことですが、バランスが大事です。

今の職場環境が嫌でとにかく職を変えたい

ネガティブな気持ちで転職活動をするケースですね。今の会社の環境が悪い、自分にとって居心地や待遇が悪いから職を変えて突破口を見出そうとする。結果、より良い環境に転職して実際に突破口になるかもしれません。

でも、突破口にならない可能性も大いにあることは忘れないでください。これから行こうとしている会社が、入ってみたら前の環境よりも自分に合わなかった、なんていうことはザラにあります。新しい会社が今より理想郷である保証はどこにもありませんから、リスクはリスクです。

後ろ向きな気持ちが先走って転職するのはあまりよくないと感じますが、やむを得ないこともあります。取れる情報は全て取る気持ちで、全力で新しい会社に対してリサーチをかけてから入社を決断した方が良いでしょう。転職エージェントの言葉を鵜呑みにするのではなく、自分で情報を集めて総合的に判断しましょう。

スポンサーリンク

まったり仕事がしたいのに、事前のリサーチをよくせず激務の職に就く

そこそこの給料を稼いで、そこそこに仕事がしたい。多くの人が思っていることでしょう。実際に、そういった会社は世の中に沢山あるでしょう。でも、いざ転職活動をして色々なエージェントの話を聞いたり、企業の採用担当の話を聞いているうちに、自分が転職の核としているものを見失って、いざ入社してすぐに後悔する、とうことは多々起こっています。

僕の働いている会社はコンサルティング会社ですが、はっきり言って激務です。ワークライフバランスっていう概念は皆無で、ワーク・ワーク・ワークです(笑)。でも、そういった環境に好んで入ってくる人も沢山いるのです。僕もそのうちの一人で、以前は年間の残業時間が数時間しかないような環境で働いていましたが、好きで今の会社に入って、それなりに充実した社会人ライフを過ごせてると自負しています。

しかし、入社して数ヶ月で環境に適応できずに退職していく人も沢山見てきました。彼らの本心は、僕のいるような会社でハードワークをすることではなかったんです。自分が何を軸に転職しようとしてるのか、ここを間違ってしまうと、新しく入った会社の企業文化が肌に合わないという、悲しい事態に陥ってしまいます。

自分の実力を見誤って高い能力が求められる職場に入る

ハイレベルな人間が集まる職場で自分をさらに高めようとチャレンジすることは良いことですし、実際に成功する人も沢山います。一方で、今いる会社のネームバリューだけで実力主義の会社に転職してしまい、失敗する人が後を絶たないのも事実でしょう。

学力の高い大学を出て、有名企業に勤めていても、本当の実力は実際に揉まれてみないとわからないものです。社会人2年目~35歳くらいまでの人に多いですが、日経平均に載ってくるような会社に入社したり、そこで働いていると、それだけで自分は高い能力を持っていると思い込んでしまう人も多くいるようです。

目先の給料等で高いレベルの能力が求めれる環境に飛び込んでしまい、全然ついて行けない、なんてことは避けたいものです。

スポンサーリンク

転職先の企業としての将来性や財務内容を把握しないで入社する

サラリーマンやOLとして働く以上、会社の財務内容が悪化したり、倒産してしまったりしたら、いくら自分にマッチした環境であったとしても、職を継続することが難しくなります。

面接を受ける会社の事業の将来性や、直近3期分くらいのPLの状況、財務内容等は把握しておいた方が良いでしょう。転職エージェントを介している場合、転職会社も取引先の与信面くらいは調査しているでしょうから、担当者に聞いてみましょう。

これ、意外に重要なことです。金融関係のお仕事等をされている方なんかはよく調べられていると思いますが、一般の事業会社にお勤めの方とかだと、結構気にせずに入社していまう、なんてことが多々あります。

誤った決断をする前に人の意見も聞いてよく考える

これまで話してきた事をまとめると、要は自己分析をしっかりする、とうことなんです。自分が新しい会社に求めているものは何なのか、何が転職の軸なのか、こういった事を明確にしないままに転職してしまうと、失敗する可能性が高まります。

そうは言っても、自分の事を正確に理解するのって難しいですよね。人は自分自身の事を客観的に評価できないものです。そういう時は、周りの人に自分の将来像や求める職場環境の話を聞いてもらって、なるべく複数から評価をしてもらうようにしましょう。

信頼できる同僚、先輩、友達、親など誰でも構わないと思います。ひとつ注意して欲しいのは、大半の転職エージェントの意見は素直に聞きつつも、プロの意見だからといって鵜呑みにしないことです。彼らも競争原理の中で働く営業マンです。営業マンは、貴方という「商材」と顧客企業をマッチングしようとします。会社から数字の目標が与えられている以上、無理に人材と企業を結びつけようとすることも当然あるでしょう。自分の本当の意思や核になるものを大事にしてください。

さいごに

日本でも雇用の流動化が進み、転職を経験することも半ば当たり前の時代になってきました。より自分にあった働き方をするために転職活動をすることは、これからの時代、もっともっと有効に活用していくべきでしょう。

世の中には色々な会社があります。東芝という日本を代表する大企業が倒れた中、そこにいた社員の方や取引先は失望する一方、それをビジネスチャンスと捉えて果敢に攻め込むファンドやコンサルティング会社があります。こういう時代だからこそ、自分の核となるものをしっかり持って社会人として生き抜いていくことが何より大切でしょう。

-仕事

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.