恋愛

魔性の女の特徴を知って恋愛で失敗しないようにしよう!!

投稿日:

座りながらコーヒーカップを手にする美女

魔性の女タイプの女性に会ったことある?よくわからないって人はよくよく特徴を知っておいた方がいい。「こんな可愛い子が自分と二人っきりでデートしてくれてる」「二人で飲みに行くのも3回目だし、いけるかもしれない」なんて感じで勘違いが深まって告白するんだけど、あっさり振られてドヨーンてなことは世の中で頻発してます(笑)

事前に特徴を知っておけば冷静に恋愛の戦略を練れるから、男子たるもの、魔性の女タイプの特徴は知っておきましょう。

ではいきます。

スポンサーリンク

男性から見た魔性の女とは?

魔性の女という位だから、大前提として「可愛い」ってのがある。そして、基本的には「誘われれば来る」スタンスを貫いている。よっぽど嫌いな相手じゃない限りは、映画でも飲みでも温泉でも誘えば来てくれる人が多い。

恋愛感情が高まらない

会う回数を重ねるうちに男性はどんどん恋愛感情が高まって好きになってしまうんだけど、魔性の女の方に恋愛感情の高まりはない。普通の女子であれば、デートの回数を重ねるうちに当然「付き合う」という選択肢がチラついてきて、心が揺れ始める。

魔性の女にはそれがない。だから、男子がさらに関係を深めようと告白に走ると、「びっくりした。今は付き合うことは考えられない」とか言ってあっさり振られてしまう。男子はテンションがた落ちで半ば鬱状態に。

魔性たる所以

男性からすると、何度か逢瀬を重ねて女性の側に抵抗が感じられなければ「告白すれば付き合えるだろう」と思うのが当然。ただし魔性タイプの女性にはそんな男性の常識は通用せず、全然温度感が違う。

女性本人にそのつもりはなくても、はたから見ると「意図的に持ち上げて落っことしている」風に見られてしまっても仕方がない。

これが魔性と言われる所以だろう。端的に言えば、「小悪魔の自覚がない小悪魔」ってとこね。

スポンサーリンク

知っておくべき特徴13個

特徴を13個挙げる。この記事を読んでる人は魔性の女に身に覚えのある男性が多いだろうから、騙されて失敗する前に特徴をよく知っておきましょ。勿論、全部が全ての魔性の女に当てはまるわけじゃないからね。割と共通する要素ってことで捉えて下さい。

ノリが軽い

男子が誘えば基本的に誘いには応じてくれる。飲みに行こうと言えば飲みに来てくれるし、山に行こうと言えば山に来てくれるような子が多い。二人きりの遠出でも難色を示さずについてきてくれる。

デートしてるっていう自覚はない

さっきも言ったけど魔性の女性本人にはデートをしてるっていう自覚はない。ただ、遊んでいる、出かけているっていう認識なんだ。そこに「二人きりの時間を過ごした」という感情の高まりはありません。

チャラくない

着飾らない女性が多いね。でも、「美人、可愛い」が魔性タイプの大前提だったから、それでも外見は優れて見えるよね。可愛いけどチャラくない。そこがまた男性にモテる秘訣って要素もあるんだろうね。

女友達が多くない

これはかなり共通してる要素じゃないかな。容姿が優れてる分、自分から社交的にならなくても自然と小さいときから交友関係には困らなかった。誘われるからね。だから、誘いに乗ることには慣れてるし違和感もない。

自分からはあまり交友関係を求めないから、Facebookの友達もあんまりいないケースが多いね。群れなくても男性は寄ってくるんだ。理にかなってるよね。

自分から自分の話をあまりしない

聞かれれば話すけど、そうでなければ自分の話はしようとしない。男性の話を聞いて興味は持つけど、「私はね!…」って自分から喋ろうとしない。よく言えば聞き上手だけど、自分の話をして相手の興味を引こうとしていない分、恋愛しようという気がない。これ核心です。

スポンサーリンク

男性に対して興味を持つ

今の話と被るけど、男性に興味を持って相手の話を引き出すことに嫌悪感はない。だから男性はどんどん自分の興味のある分野を喋って気持ちよくなる。そして勘違いする。この人は自分に興味がある=自分の事が好きなんだと。。

秘密が多い

「どういうタイプが好み」とか「過去に何人付き合ったことがある」とかそういう話は深く語らない。当たり障りのないことしか言わない。本当は絶対的に好きなタイプがあるんだけど、「あんまりそういうの無いんだ」とか適当な事しか言わない。

男性の側としてはハードルが低いと勘違いして、決断を早まってしまう。

告白された経験は多いが、付き合った経験は少ない

魔性の女はモテる。過去に告白された経験はかなりのものだろう。自分からは絶対に言わないけど。他方で、実際に付き合った人数は少ない。これには理由があって、一つは好みのタイプがハッキリしてること、もう一つはかなり押されないと付き合わないこと。

自分が可愛いと自覚してる

無垢な感じに見えるその女性は、自分の外見が他の女の子より優れてることは自覚してるよ。だから誘われるってのも当然自覚してる。でも男性には「可愛いって言われるのは好きじゃない」とかって言うね。これも男性のハードルを引き下げる原因になってるね。

自分から連絡することはあまりない

ここまで全部読んでくれた人はわかると思うけど、魔性の子は基本的に受け身のスタイルです。だから、人から誘われたらついていくけど、自分から「ここに一緒に行きたい」とはあまり言うことがない。これは分かりやすい判断ポイントだね。

レスポンスが遅い、返信しない

LINEがいつまで経っても既読にならない、返信がいつまで経っても来ない…。男性がテンションの落ちるポイントだけど、魔性タイプの女性はコレ多いです。性格が極めてマイペースで、目立たないけど「自分本位」だからってのが理由だね。

対面のコミュニケーションでは男性の話すことに興味を持つけど、一歩自分の領域(プライベート)に入ると遮断するってことだよ。これは男性を焦らせてうまく「転がしてる」風にも見えるけど、本人には全然その自覚はない。ここは小悪魔タイプとの違い。

隠れた趣味がある

自分からはあまり話さないけど、趣味と言える趣味があることが多いよ。今言ったように自分本位なところがあるから、確固とした領域を持ってるんだ。ちなみに僕が知ってる魔性の女性の一人は「小説を読むこと」と「GLAY」が趣味だったね。

白馬の王子様を待ってるけど、押しに弱い

さっきも言った通り、口では好みの男性のタイプなんてないって言ってても、魔性の子は男性の理想像が確実にある。で、理想の男性が現れることを待ってるんだけど、世の中広いから白馬の王子様は中々現れないことが多い。

これは容姿の優れた女性に共通することだけど、魔性の女も押しに弱い部分はある。小さいころから誘われる側であった分、断ることはあまり好きじゃないんだ。断り続ければ自分から積極的にはなれなくて孤立することを本能的には知ってるから。

だから、断っても断っても諦めず、半ばストーカーチックな男性と付き合っちゃったりするんだよね。こうして、パッとしない男性と付き合うことが多い。人気のある男性は一人の人に固執せずに早く次の人にターゲットを切り替えちゃうだろうからね。

スポンサーリンク

どうしても好きになってしまった場合

ベンチに座る女性と男性

参考になったかな?チラッと話したけど、魔性の女は小悪魔の自覚がない小悪魔です。だから、本来性格的には悪い女性ではない。でも、無意識のうちに男心を翻弄して、結果的に男性が打ちひしがれて終了することが多い。

一つ攻め手があるとすれば、「押しに弱い」属性につけ入ること。本当にその人じゃなきゃ駄目なのなら、一度断られた位で諦めず3回、4回チャレンジすることが肝心。一度振られた状態でも、また会ってくれるようならチャンスはあるね。

ストレートに告白して上手くいくことをお祈りしています!

-恋愛

Copyright© i-kun reports. , 2019 All Rights Reserved.